シラグラの購入方法

バイアグラなどのED治療薬は精力の衰えで悩む男性にとても役立ってくれる薬です。
薬を飲むだけで、あとは特別なことをせずにすぐに悩みを解消してくれる便利な薬ですが、薬の効果はずっと続くというものではなく、通常は4,5時間程度で身体の状態も服用前に戻ってしまいます。
それゆえに、薬は持続して続けていく必要がありますが、薬は保険適用ではありませんので、どうしても高くつきますし、医療機関でしか販売されていません。
日本で販売されている薬は現在、バイアグラをふくめ3種類ありますが、どの薬も価格は同じぐらい必要となります。
より安く薬を購入する方法としてはジェネリックの利用があげられますが、まだ日本ではバアイグラのジェネリックは販売されていません。

とはいえ、そういった薬はすでに登場しており、インドのシプラ社が販売しているバイアグラジェネリックのシラグラもそのひとつです。
シプラ社はインドで第二位の製薬会社となっており、世界170ヶ国以上にも薬を輸出している有名な製薬会社ですので、品質についても安心感があります。
購入方法としては、インドで直接購入ということがあげられますが、旅費も多く必要で、手間もかかりますので、現実的ではありません。

より手軽に入手するのであれば個人輸入を利用すると良いでしょう。
医薬品の個人輸入は個人が利用する目的でなら認められていますし、手続きはインターネットから行うことができますので、自宅でいながらにして簡単に注文が可能です。
この場合は個人輸入代行業者を利用すると手軽ですが、正規品を間違いなく入手するためにも信頼性の高い業者を選んでおきましょう。
シラグラは有効成分はクエン酸シルディナフィルでバイアグラと同じですので、基本的に使い方は同じです。

見た目も良く似ており、バイアグラと同じようにブルーの錠剤となっています。

食事の影響を受けやすいので、空腹時に飲むこと、脂っこい食事を摂らないようにする、お酒を飲みすぎないようにするなどしっかり効果を発揮できる飲む方を選びましょう。
性行為の一時間ほど前に飲んでおくと、徐々に血流が良くなり、効果は4,5時間継続するといわれています。
そしてバイアグラと同じく25mg、50mgも販売されていますが、なかには100mgのものもありますので、100mgのものを選んだ場合は分割して飲むほうが無難です。
100mgのバイアグラは日本では販売されていませんので、そのまま飲むと薬の作用が強すぎる場合もありますので、注意したいですね。

個人輸入は薬が安く購入できる、医療機関に行く手間がないのがメリットですが、そのかわり自己責任での利用ですので、正しい使い方を心がけましょう。
過度な利用を行うと副作用のリスクを高めてしまうこととなりますので、多く飲んだりしないこと、1日何度も飲まず、1日1回の使用を守ることが大切です。
そして次回の服用には24時間開ける必要があるのもバイアグラと同じですので、こちらも守り安全に利用していきましょう。

silagra01

Comments are closed.