バイアグラと効能・効果が同じで安価なシラグラが人気

インターネット技術が発展し「ネット通販」という用語も、日常会話の中に登場しても違和感のない今日日には、テレビ・パソコン等の電気製品をはじめ様々な商品を購入出来る様になり、クレジットカードが1枚あれば家から一歩も出ること無くネット越しに選択した商品が、購入出来る様になりました。
それは医薬品もそれは例外では無く、勃起不全治療薬を個人輸入代行業者のWEBサイト経由で入手する事も出来るようになり、シラグラもその内の一つです。
この医薬品に含まれる成分は狭心症の薬を作られたのにも関わらず、本来の狭心症への効果は認められなかったけれども、勃起不全症の患者に効果が見られたというのはバイアグラの事で「禍いを転じて福と為す」とは正にこの事と言えましょう。

バイアグラに含まれる成分はクエン酸シルデナフィルというもので、この成分は性欲はあるのにも関わらずペニスが勃起しない、あるいは勃起はする事はするのだけれども、中途半端な状態で性交しようとしても中折れしてしまうという症状を改善する働きをするのです。
但し、誤解されやすい事なのですがシラグラを服薬したとしても、性欲そのものを喚起したり精力を増強を図ったり、あるいは媚薬の様な興奮剤ではありませんので、これを認識しておく必要があります。

そうすれば効果的にその薬を使えるようになり、例えば性行為をする寝室にパートナーと男性の双方が好きな香りの香水を噴霧しておくとか、照明をリラックス出来るオレンジ色の間接照明にする等を併せて対応しておくのは良いアイディアです。
そして当該の薬の効果がペニスが固く勃起するだけであっても、男性側の性欲もさることながらパートナーの性欲も掻き立てる事が出来るでしょう。
人によってはここで、「それならシラグラより、ネームバリューのあるバイアグラを使った方が良いのではないか」という疑問が湧いて来るかも知れません。
確かにバイアグラは、勃起不全症とは縁遠い人にとっても酒席での話のネタとして盛り上げる為に取り上げられる事がある程、メジャーな医薬品である事は間違いの無い事です。
しかし価格を調べて見ると、その理由が明瞭に理解出来ます。

それは余りにも価格差があることで、ある勃起不全治療薬等の取扱いもある個人輸入代行業者では、バイアグラ100mg4錠1箱で6780円であるのに対して、シラグラ100mg4錠1箱では2980円と3800円もの差があります。
1週間に4回性交渉を行うとすれば前者の場合は1月で6780円X4回ですから27120円、一方後者の場合では、2980X4回で11920円となり差額は15200円です。
それでは、「それだけ料金に差があるとすれば、成分や効果ではバイアグラが優れているのではないか」という疑問も湧いてくるかも知れませんが、双方とも同成分であり効果も同じですから、結論としてシラグラが選ばれるという結果になります。
それでは、この薬の服用方法を示しておきましょう。
性行為を行う30分から45分前程度に水で飲むだけです。
人によっては、薬を飲んでから性行為が終わる迄は空腹である方が効きが良いという人もいるようですが勿論個人差もありますので、色々試してみて最も自分に合った方法を探して見ると良いかも知れません。
また、効き過ぎるという場合はピルカッターという錠剤を割るツールを使用して、半分や四分の一等に割る等して調整しましょう。

Comments are closed.