注意点を知ってシラグラを安全に使おう

バイアグラのジェネリック医薬品として、EDに苦しむ方の支えとなっているシラグラですが、利用の際の注意点を理解する事で、より安全に、より効果的に勃起不全を治療することができます。
多くの方が使っているとはいえ医薬品ですので、正しく使わないとリスクがともなうという事を知っておきましょう。
まず、併用禁忌と言って一緒に飲むと危険な薬があります。

ひとつめは狭心症や心筋梗塞の治療薬として広く使われている硝酸薬です。
ニトログリセリンとも呼ばれ、血管拡張効果によって心臓への酸素供給量を増やしますが、ED治療薬全般にも血管拡張効果がありまして、同時に服用すると急激に血圧が下がる可能性があります。

また、不整脈などの方が飲んでいる塩酸アミオダロン製剤も同じく併用できません。
脈を整える作用がある塩酸アミオダロン製剤と、血圧を変動させる作用があるシラグラを同時に服用すると、鼓動が乱れてしまう事もあり危険です。
心疾患や不整脈の方は服用の前に自分の使っているお薬をよく確認し、これらの成分が含まれていないか確認するようにしましょう。
飲み薬だけでなく、貼り薬や注射などに含まれている場合もありますから注意が必要です。
他にも、重度の病気を患っている方は、まずは主治医に確認するようにして下さい。
どんな治療に有効で安全なお薬でも、身体が弱っている方には負担が大きくなってしまいます。

例えば肝臓の機能障害がある場合、薬の代謝が上手くいかず血中濃度が本来より高くなる心配がありますし、血圧の病気がある場合はお薬で血圧をコントロールしていますから、シラグラの血管拡張作用と相性が悪いです。
そもそも性行為のような激しい運動自体が不適切だと主治医に言われているような場合も、もちろん利用できません。
網膜色質変性症と診断された方や、クエン酸シルデナフィルにアレルギー反応を起こした事がある方も使用を控える必要があります。
命に関わる事なので上記に当てはまる方は絶対にシラグラを利用しないようにしましょう。
ED治療薬全体でほとんど共通している注意事項ですから、これらに当てはまる場合は精力剤やサプリメント、生活習慣の見直しなど、他のED治療の手段を検討してみて下さい。

きっとあなたに合った治療法が見つかるはずです。
これらに当てはまらなかった方はめでたくシラグラを利用できる訳ですが、服用方法を誤ればそれだけリスクが高まります。
正しい服用方法は、成人で一日25mg~50mgを1回まで服用できます。
次の服用まで24時間は空けるようにしましょう。

服用のタイミングは性行為の1時間前で、食事をする場合は食事の30分前の空腹時に、水などの飲料で飲みます。

お酒で飲む事も可能ですが、効果が半減してしまう場合があるので、十分な効果を望むならお酒以外で飲む事をオススメします。
十分な効果を実感できなかった場合も、自己判断で多めに飲むのは危険です。
他のED治療薬なら効果が出る場合もありますから、そういう時は別の薬を試してみるといいでしょう。

Comments are closed.